難病を治す選択肢を増やすため、漢方や治療法を海外でも勉強しています。病の根源の追及のために尽くしてきました。

サイトマップ
鏡薬品
病名不明・長く続く不調根本の原因は別の場所にあります

病院で治らないと言われた難病でも原因を追及し、一人一人に合った漢方で治すための多くの経験と知識が揃った鏡薬品。

私は今もですが小さい時から何故?どうして?と考える性格で、
それが病気の根元を追及していくことになりました。
20代、30代、40代と学び続ける中で学ぶ事の内容が変わり、どんどん深まっていきました。
20代では病気のことを学び、商品の力に頼りました。
30代では漢方や他のいろんな療法、考え方を学び、治すための選択肢が増えました。
40代では病気の本質と病気になる人間を学ぶことをしました。

大学を出て日本でもトップレベルの薬局へ就職し、外科、内科、
小児科、産婦人科、歯科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科の調剤を
学び、西洋医学における薬剤を総合的に学びました。

中国医学を学ぶために北京の学校へ。その他国内でも数々の研修・研究会
にて効果のあるものを追及。全ての商品に対しての知識を深め、人に合わせて
組み合わせができるようになり、各勉強会にて講師としても多く
呼ばれるようになりました。

最初は私も全く馴染みのないもので、目に見えない療法は
信じがたいものでしたが、自分で本当に効果があるのか
追及したいと思い、中国上海市気功研究所で気功を、
インド研修で精神修行を、長崎でヒーリングオーラ療法を
学ぶなど、実際に習い突き止めていきました。

実践の中で、西洋医学から見ても同じ結果が得られる経験、
慢性病や難病と言われるものが改善していく経験を
何度も繰り返すことで、自分の中に完全に取り込んで
いくことができるようになりました。

例えば、人の手で背中をさすられると安心して気持ちが落ち着く。
これは「人の手の持つ不思議な力」としか言いようがないような現象です。
私も薬学部の製薬化学科を出て、一応は科学者のはしくれですので、
科学的に証明できること、理論的に納得できることを信じて追及して
きましたが、それだけでは説明がつかないことに多く出会い、
実際に起きている現象を信じるようになりました。

同じ薬でも信じた人はよく治る。信じなかった人はあまり治らない。
そんな信じられないような現象を多く見てきて、信じることの大切さを知り、
正しいことを信じて実践すれば人の身体は必ず治るのだということを痛感しました。

大学時代、お金がなくお米だけの生活をした結果、
体に力が入らなくなる。甘いものをたくさん食べると、
アトピーやリウマチがひどくなる。
自分で食べ物を選ぶようになり、食べるものによって
体調が大きく変わるのを何度も体験し、栄養学や
さまざまな身体のことを本やいろんなところで
学んでいきました。薬膳料理やマクロビオティック
についても勉強しました。

お客様に必ずしも肉や酒を禁止するようなことは
ありませんが、多くを勉強してきて、自分の身体と
対話を繰り返してきて、肉や酒を欲しいと思わなくなり、
もう10年以上食べない生活をしています。

  • 耳鳴り肩こり首こり
  • 高血圧緑内障白内障
  • メニエール病
  • 痴呆症
  • パニック障害冷え性
  • リウマチ間質性肺炎
  • 難聴
  • 喘息生理痛
  • 心筋梗塞頭痛肩こり耳鳴り
  • 糖尿病

病気をすれば自分も家族も苦しい思いをする。
自分ができないと言ってしまえば、その人やその人の家族は一生治せないまま
苦しい思いをするかもしれない。
病気の苦しさを身を持って痛感しているからこそ、それだけはさせたくないと思い、
どんな方も改善のお手伝いができるよう、追及をし続けています。
その結果、歯以外は全て見れるようになりました。

個人情報保護 リンク集

Copyright©2016 鏡薬品 All right reserved.