鏡薬品は痔を根本から原因を追究し一人一人に合わせた漢方で改善します。

サイトマップ
鏡薬品
病名不明・長く続く不調根本の原因は別の場所にあります

身体にやさしい漢方で痔を体質から改善できる鏡薬品にお気軽にご相談ください。

実は私も20~30代のころ、深酒をした翌日は、
いつも痔から出血し悩んでいました。
イボ痔になるとたまらなく痛み、座ることさえも
ためらってしまうほどでした。そんなとき、漢方や
健康食品の力を借り3日で症状を抑えることが
できました。それから一度も痔になっておりません。
特に女性は相談するのを躊躇してしまいますが
1人で悩みこまずに一度お気軽にご相談ください。

痔は痛い、血が出るといったイメージを浮かべる方も多いのですが、実は出血もなく、
痛みも感じないものもあります。そのため、痔と言ってもさまざまな種類があります。
痔は年齢関係なく起こる病気です。若いからといっても。決して他人事ではありません。
また痔ろうを放置しておくと、進行して癌になることもありますので早めの対処が必要です。

痔の原因はさまざまです。
下痢、アルコールや辛いものの摂り過ぎ、冷え、ストレス、便秘がちで排便の際に強く
いきんだり、長時間座りっぱなしでいるなど、肛門に負担がかかることで痔が発生すると
いわれています。女性は月経、妊娠、出産がきっかけとなって起こることもあります。
身体に入っていく食事や漢方で内臓を綺麗にすることで痔も改善していきます

痔だけでも大きく分けて3種類あります。同じ症状でも原因が違うと対処の方法や提案する
漢方が変わってくるので、原因の追究こそが改善への近道です。

  • 肛門の出口付近の皮膚が切れた
    状態でさけ痔とも言います。
    歯状線の下にある肛門上皮は、
    知覚神経が通るため切れ痔には
    強い痛みが伴います。慢性化
    すると腫瘍になり治りにくく
    なります。
  • 歯状線より内側は内痔核
    外側は外痔核です。外痔核
    痛みを感じ、内痔核は排便時の
    出血は見られますが痛みは
    感じません。程度により肛門の
    外に飛び出ることがあります。
  • 肛門のまわりに直腸から菌が
    入り炎症を起こし、膿を出す
    おできができます。
    直腸と皮膚を繋ぐトンネル
    なり、痛みや発熱を伴います。
    放っておくと穴から膿以外にも
    オナラや便が出てきます。

一般的に痔になると、塗り薬や坐薬などを使用して、痛みや炎症などを止めようとされますが
うっ血した血液の流れを良くしてあげないと治りません。
身体の内側から血行を良くしてうっ血を取り除くと、早い人では2~3日でスーッと楽になっていきます。
痔は生活習慣病と言われるているほど便秘や下痢、食事等、普段の生活習慣が大きく関わります。
普段の食生活改善が難しい場合はサプリメントや健康食品で食事をサポートしていきます。

  • トイレで強くいきまない
    トイレに行くのは便意を感じてから
    毎日入浴する
    適度な運動を心がける
  • 腰を冷やさない
    アルコールや刺激物は控えめに
    便秘、下痢に注意する
    長く、同じ姿勢をとらない

妊娠3ヶ月頃の胎児に、口から下がってきた腸とお尻から窪んできた皮膚が繋がって、
一本の通り道になり肛門ができます。このつながった境界線は歯状線と呼ばれます。
歯状線より上は粘膜部分、下は皮膚部分となります。肛門は血管や神経等の構造のほか、
伸縮性等が異なる2つの組織が同居したデリケートな構造になっています。

鏡薬品は原因を追及して元から改善します。
痔でお悩みのお客様には、まず漢方をオススメして
おりますが、それほど痔に漢方が効くということです。
もちろん症状や原因によって提案させていただく漢方が
異なってきますので、丁寧なカウンセリングが必要です。
対処する中で、漢方だけでは力不足と判断した場合は
内臓の働きが弱っている可能性があるので内臓の働きを
正常にする健康食品やサプリメントをご提案いたします。

同じ病気でも原因が食べ物にある場合、
血流の悪さにある場合など、人によって違っており、
原因が違えば改善方法、必要な薬は違います。
ですので、鏡薬品では原因を明確にすることを
何よりも大切にしております。
無料カウンセリングにてお客様の不調・病気の
原因を見つけ出し、改善のご提案をいたします。

いつまでたっても治らないので悩んでいた 50代男性
画像
心が暗く、仕事に身が入らず、落ち込んでいた 50代男性
画像

痔のご相談はこちら

メールでのご相談・ご予約はこちら

個人情報保護 リンク集

Copyright©2016 鏡薬品 All right reserved.