難病でお悩みの方を漢方で治すため、鏡薬品では様々な研究を重ね、徹底した原因追及を行い、治る道筋をたてます。

サイトマップ
鏡薬品
病名不明・長く続く不調根本の原因は別の場所にあります

漢方薬を難病の患者様それぞれの身体に必要な分だけお出しし、より効果的に、負担のない治療を行っています。

鏡薬品からのお知らせ
  • 2017.08.15

    夏場の冷えについて

    そろそろお盆も終わり、暑い夏もようやく過ごしやすくなってきました。

     
    蒸し暑い日もありますが、夜は少し冷えたりもします。
     
    しかし、最近は夏なのに体質的に体が冷えて、体調がおかしくなっている方が多く見受けられます。
     
    波動カウンセリングをしていると、それが動脈に現れてくる事が多々あります。
     
    最近は数秒で測れる体温計がありますので、その様な方は測定して頂きます。すると35℃台という方が少なくありません。
     
    体温が下がると、免疫力も、代謝も低下しますし、消化力も落ちます。その結果、食べ物がうまく消化されずに未消化物となり、アレルギーの元となって、一気に皮膚炎がひどくなったりもします。
     
    そういう方は、一気に体温を上げることのできるサプリメント(美・ワカイン)などを使用して、早く体温を上げる事が大切です。
     
    すると、翌日から楽になったりされます。
     
    本当に体温を維持する事は大事だなとつくづく思います。漢方薬では扶陽理中というものもありますが、そちらは徐々に上がってきます。
     
    これから暑い日が続くと思いますが、身体を冷やす事のないように、外からの冷えと同様、アイスやカキ氷など冷たい物を摂り過ぎないようにして内側からの冷えにも注意しましょう。
     
    アイスや冷たい飲み物など、冷蔵庫で冷やした野菜や果物などもたくさん食べると一気に胃腸の温度は下がってしまいます。
     
    その結果夏バテにもなります。
     
    胃腸が弱い人は、少し時間をおいてあまり冷たくない状態にして食べるといいと思います。
     
    冷たい物を摂り過ぎた時は、後から温かい物を摂りましょう。

  • 2017.08.11

    夏季休業についてのお知らせです。

    皆さんおはようございます。

     

    お盆のお休みのお知らせです。
     
    当店はお盆も通常通り営業しております。
    何かお困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい。
     
    13日だけは日曜日でお休みですのでお間違えの無いようお願いします。
     
    暑い日がまだまだ続いていますので体調に気を付けて楽しく夏をお過ごしください。
     
    今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2017.08.08

    現代人の疲れについて その2

    栄養不良による疲労は、栄養が足りなくて全身のエネルギー代謝がうまく回らない為に引き起こされます。

     
    ・心臓がバテた時(どうき・息切れ・低血圧・シャキッとしない)→コエンザイムQ10・カルシウム・マグネシウム
     
    ・肝臓が弱った時(だるい・疲れる・イライラする)→レバー製剤(ビイレバーキング)・カキ肉エキス(ワタナベオイスター・ヴァイタルゲン錠)・植物性液体酵素
     
    ・胃腸が弱って食欲不振→胃腸を整える漢方薬(補中益気湯・六君子湯・人参養栄湯など)・植物性液体酵素
     
    ・腎臓が弱って疲れた時(下半身がだるい・疲れる・むくむ・ふらつく)→腎臓を強める漢方薬など(八味地黄丸・六味丸・牛車腎気丸・鹿茸大補湯)・・・高齢者に多い
     
    ・通常最も多いのが、肝臓が弱っての疲れです。
    もともと肝臓は、数多くのビタミンやミネラルをはじめ、2000種類を超える酵素、良質なアミノ酸から構成される栄養豊富な臓器として知られています。ですから、肝臓の働きを活発にして、エネルギー代謝をスムーズにして、疲れを回復させるためには、レバー製剤や、カキ肉エキス、液体酵素などの栄養が最適です。
     
    ・栄養素の体内における貯蔵庫として働き、さらには人体に有害な物質の解毒作用や排泄作用も行っています。ですから薬の飲みすぎや、食事の食べ過ぎによってもしだいに疲れてきます。
     
    ミネラル・ビタミンが不足すると
    いろいろな酵素とホルモンの働きは低下します。現代人は食生活において加工食品の多様や火を使った料理が多いために酵素やビタミンなどが不足してしまい、その結果疲れやすい、貧血、低体温、糖尿病などを引き起こしている方が多いようです。
     
    ・疲れとは→疲労物質が体に貯まることで引き起こされます。肩にたまれば肩こり、頭にたまれば頭重、血液にたまれば倦怠感、筋肉にたまれば筋肉痛
     
    私達は生きるために食事を通して3大栄養を摂取します。そして吸収され代謝されて老廃物となります。
     
    糖質(ごはん、パンなど)→乳酸
    タンパク質(お肉・豆)→アンモニア
    脂質(バターなど)→過酸化脂質
    3大栄養は     3大老廃物となります。
    血液の汚れは、老廃物の蓄積です。
     
    ですから食べ過ぎると、汚れるし、体は疲れます。
    疲労が長びいている人は、食事量を少し減らして、ビタミン、ミネラル、アミノ酸を多く含んだ食べ物やサプリメントを補給することで早く楽になってきます。
     
    牡蠣肉エキスや液体酵素などは手軽にとれるので、利用されると早く元気になっていきます。
     
    キトサンは肝臓や腎臓の代謝と排泄を高めますので、デトックス作用によりしだいに疲れがとれてきます。

  • 2017.08.05

    現代人の疲れについて その1

    疲れと代謝排泄について

     
    ちょっとした疲れは休めばとれますが、慢性疲労になると休息や睡眠では改善されずに倦怠感や不快感を伴います。
     
    疲れの種類を分類してみると
    ①単なる肉体疲労(働き過ぎ)
    ②ストレスによる疲労(人間関係や環境によるもの)
    ③神経疲労(パソコンなどをよく使う人)
    ④栄養不良(ビタミン・ミネラル不足の人)
    大きく4つに分ける事ができます。
     
    15~65才の約6割以上の人が疲労感を自覚しているといわれています。
    現在は原因不明の疲労が6ヶ月以上続くと慢性疲労症候群と呼ばれます。
    最初は単なる疲れかもしれませんが、長く放っておくと命を落とす事もありますので早めに対処した方がいいですね!
     
    ①バランスの良い食事・できるだけ旬の物で、生の物が良い
    ②睡眠は非常に大切です。足りないと新陳代謝がにぶくなり便の排泄も悪くなります。
    ③運動。適度な運動は血行を促し筋力を保ち全身の代謝をアップします。
     
    ・次の方は要注意 冷え症・低体温
    全身の代謝が落ちているので、吸収も排泄も悪くなりやすく、栄養がうまく回らずに疲れがとれにくくなります。→身体を暖めるような食事のとり方をし、冷やすものはさけましょう。
     
    ・ミネラルなどの微量元素は酵素の中に取り込まれて酵素活性の中心として働いているものがほとんどです。、ですから疲れたときはビタミン・ミネラル・アミノ酸類が多く含まれた物を摂るのが一番です。その結果、肝臓は元気をとり戻し、疲れもとれてきます。
     
    ・ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB12
    ミネラル、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、クロム、セレンなど不足しないようにしましょう。
     
    これらのものが全てぎっしり入っているものがあります。それが牡蠣の肉をスープにしてエキスにしたものです。100%国産の料理綱カキ肉エキスは疲労回復には一番です。

  • 2017.07.31

    夏の病その3 夏風邪・クーラー病

    2012/8/3の記事

     

    夏はクーラーで冷えて風邪をこじらせたり、朝まで扇風機をつけっぱなしで体を冷やしたりして、風邪になる方が多いようです。

     

    暑い外と室内の温度差がありすぎると、人体はついてゆけなくなります。
    人の体は一般的に5℃以上の急激な変化には対応しにくくなっているので、あまり出たり入ったりを繰り返しているとバランスをくずしてしまいます。
     
    上半身からの汗が多くなり、疲れが加わると風邪をひき易くなります。
    クーラーがよく効いた中にいると咽を傷めやすくなります。
    そんな時には銀翹散や駆風解毒湯が効果的です。
     
    職場でもクーラーで冷やし過ぎのところもあると思います。
    足腰が冷えてたまらない人は苓姜朮甘湯がいいでしょう。
     
    冷えて腹痛になったり、お腹が張ったり胃腸にきやすい人は、扶陽理中が最適です。
     
    冷えて生理が不順になったり、生理痛がひどくなった人は当帰芍薬散を使用するのがいいでしょう。
    扶陽理中と一緒に加えると温まってサーッと効いてきます。
     
    生理痛などがあって、クーラーで肩こりや、頭痛が起こってきた人は、当帰芍薬散に葛根湯を加えて一緒に飲むと、あっというまに身体が温まり症状が楽になります。
     
    この夏、クーラーが苦手な女性の方は特に覚えておいてほしい漢方薬です。

  • 2017.07.28

    夏の病その2 胃腸病・下痢

    2012/8/2の記事
     
    夏場、食あたりや水あたりになる方も多いと思います。

     

    下痢をしたりしている時は、胃腸の働きが弱り、水分代謝も悪くなっているので、胃腸を少しあたためながら、水はけをよくする漢方薬を飲むといいでしょう。
     
    一般的に、六君子湯がよく使われますが、疲れやだるさもとれてきます。
     
    手足がだるく感じる時は、胃腸の働きが弱って余分な水が手足にたまって抜けなくなった時に起こります。わかりやすくいえば手足がむくんでいる状態です。だるいですよね!
     
    そういう時は五苓散を飲むとスッキリしてきます。
     
    寝汗をかいたり、すぐに汗をたくさんかく人は、防已黄耆湯を飲むと疲れもだるさもとれてきます。
     
    夏バテで疲れがひどくなり、夜もぐっすり眠れない人は朝から体がだるくなります。そういう時には小建中湯を飲んでみるととてもいいですよ!

  • 2017.07.27

    夏の病その1 熱中症・日焼け

    2012/7/31の記事
     
    夏になると日射病や紫外線による日焼けがとりざたされます。

     

    現在は、野外だけでなく室内にいても同じようになる事から、熱中症と呼ばれるようになりました。
     
    夏場は皮膚が敏感になり、秋・冬と比べて4割くらい敏感になります。
     
    また、暑さによって肝臓が弱ってくると、湿疹や炎症を起こしやすくもなります。
     
    熱中症にも日焼けにも、湿疹にもよいものに、白虎加人参湯があります。皆さん暑い夏の必需品として覚えておくといいでしょう。
     
    白虎加人参湯はその名のとおり白虎(石膏)が入っており、口の渇きを止めたり、皮膚の炎症を早く治したり、ボーッとなってほてった体を冷やす働きがあります。
     
    中高年の方で日焼けのシミが気になる方は、残りやすいので早めに桂枝茯苓丸とヨクイニンを合わせて飲んでおくとバッチリです!
     
    白虎加人参湯は石膏に人参湯が加わった処方です。
     
    人参湯は弱った体に体力をつけるので暑い夏にはピッタリです!
     
    冷たいものばかり摂り過ぎると、胃腸の働きが落ちるので熱いお茶の方が良いのですが、どうしても口が渇いてしょうがない時は、白虎加人参湯を飲むといいでしょう。

  • 2017.07.26

    皮膚病・アトピー・主婦湿疹について

    2017/7/9の記事

    夏になると様々な皮膚病が多くなりますが、アトピー性皮膚炎や主婦湿疹も相変わらず多いようです。

     

    私も子供の頃アトピーでしたが、その頃はアトピーという言葉がなくてアレルギー体質としか言われませんでした。
     
    とにかく皮膚は粉を吹き、つめでかいていたのでつめはツルピカ。喘息もあり大変でした。
     
    その他にも両肩・腕には一生治らないだろうと言われる、プッとした1~2mmの富士山みたいなものがたくさんできていました。
     
    しかし、20才前にはきれいに治っていました。
     
    自分の身体を実験台にして様々な漢方薬や自然食品・治療法などを試してきたので、どの病態で、どの病気には、どういうふうにすれば早く治るかというのがわかります。
     
    何年何十年治らないと言われている方でも、その方に合った方法をとると1週間以内に治り始めます。そして1ヵ月後にはだいぶ落ちつかれています。
     
    皮膚は正直なので、西洋医学的には、難しいものでも正しく元に戻していくと、意外と早くよくなっていくものです。
     
    自然食品を使った自然療法と漢方薬の相乗効果でスピーディーに皮膚症状がよくなっていきます。

  • 2017.07.24

    頭痛について

    2012/6/22の記事
     
    頭痛は日常的によく見られる症状ですが、機能的な原因でおこっているのか、器質的によるのかの判断が大切です。

     

    今日は、最も多く見られる、慢性頭痛について書いてみたいと思います。
     
    慢性頭痛は偏頭痛といって、頭の右側が痛んだり、左側が痛んだりする人が多いので片方だけが痛むという意味で偏頭痛といいます。
     
    頭痛の前には首や方が張ってきて、ひどい時には血管が脈打つように痛みます。このような時は首、肩から頭の血流をよくする漢方、冠心逐お丹をベースに偏頭痛の漢方、川芎茶調散を使用します。
     
    すると早い方では翌日より軽くなったといわれます。
     
    ストレスや過度の緊張が原因となって、筋肉が強く収縮し、首から後頭部にかけて張ったような、締めつけられるような痛みが続く人があります。
     
    これは筋緊張性の頭痛ですが、このような方はストレスと緊張をとり除く漢方、竜胆瀉肝湯や釣藤散といっしょに冠心逐お丹をのむとすぐに楽になってきます。
     
    中国医学では、痛みに対して、「通ぜざればすなわち痛む」という原則があります。

    頭痛の治療は血液の循環をよくし、血液の滞りをなくすことがポイントです。
     
    冠心逐お丹や桂枝茯苓丸・冠脉通塞丸など血液をサラサラとする漢方薬が効果を発揮します。
     
    頭痛薬ばかり飲んで、痛みを止めても、元が改善しなければ何度でも起こります。頭痛がするという事は、いい事ではありません。
     
    1日も早く根本からの改善をして、頭痛のない毎日をおすごし下さい!

  • 2017.07.22

    夏場の冷えについて

    2017/6/12の記事

     

    60代の女性のお客様です。
     

    葛根湯が1包残っていたんだけど、昨日飲んでしまって、クーラーを2時間入れただけで身体が寒くなってしまって、と言われました。
     

    まだ6月に入ってそう暑くなく、クーラーを入れるとすぐに冷えてきます。

    梅雨になると蒸し暑くもなります。除湿だけでもいいと思います。
     

    長い間クーラーの中に入っていると、本来暑くて発汗しなければいけないものが、体内に残ったまま、体表で冷やされますので、体調もくるいます。
     

    あまり長く、クーラーの中に入って体を冷やさない事が大切です。汗はある程度かくようにしましょう。
    ゾクッと寒気がした時は葛根湯でもいいと思います。
     

    夏にアイスを食べるとすぐに軟便や、下痢になる方は内臓のエネルギーが足りない方が多いので、疲れやすくなったり、皮膚炎が出たりして、腹痛や冷え性が出るものです。
     

    これにはよいものがあります。療方補気升陽顆粒というものですが一般的に補気升陽といいます。
     

    毎年夏になると、胃腸病や、皮膚トラブルでお悩みの方は一度お試し下さい!

  • 2017.07.22

    ブログの記事を移していきたいと思います!

    ずっと書いてきたブログの内容をこのホームページに少しずつ移していきたいと思います。

     

    季節ごとのお話しや、お客様からの相談であったことなど、色々な内容があると思いますので楽しみにしていてください。

  • 2017.07.11

    夏バテに漢方薬

    「早く涼しくならないかな」「今日もまた冷房か」などと外出前に思うようになったら、すでに夏バテが始まっています。

     

    中には梅雨の蒸し暑さと冷房で、梅雨明け前には「夏バテ」の下地が完全に出来上がっている方もいらっしゃると思います。

    湿気と冷房に弱くて低血圧。そのような方にとっては「夏バテ=冷房病」としか思えないのではないでしょうか。


    冷蔵で奪われる保温のためのエネルギーは、身体を動かすエネルギー、頭を使うエネルギー、汗をかくエネルギーと同じ「気」というエネルギーです。
    そのため冷房で「寒い」と感じていてもいなくても、汗をかいていても仕事をしても、悩み事があっても遊んでいても、暑がりで寒がりでも、夏は冷房と汗でほかの季節よりも余計にエネルギーを消耗しているのです。

     

    そのためエネルギー不足で消化吸収に「気(エネルギー)」が回せなくなると、食欲不振になります。そのような時はお腹を温めて消化吸収を助ける漢方薬と、「気」を根本から補う「鹿茸」です。夏バテの原因は脾(胃腸)の気虚(エネルギーが不足している状態)です!

  • 2017.07.10

    梅雨時における、めまい・ふらつき・メニエール

    九州も梅雨に入り、最近はシトシト雨が降っています。

     

    梅雨になるとなんとなくだるくなったり、体が重い、スッキリしないなど重い、だるいといった症状がよく出てきます。

     

    この重い、だるいといった症状を引き起こすのが、何と水なのです。

    余分な水分がたまって引き起こされる状態を漢方では「水毒」といいます!

     

    湿度が高くなり、ジメジメするとカビもはえますし、食品も早く傷みます。

    人間も同じです。外の湿度が高いと体の内部に水を貯めこんでしまいます。

    洗濯物も天気の良い日にはすぐ乾きますが、梅雨時はいつまでたってもパリッとしません。

     

    湿度が高い日が続くと、元々水分代謝があまりよくない人や汗をかかない人は時に体の内部に水を貯めこんで、どよんとなります。これが典型的な「水毒」の体質です。

     

    特に胃腸が弱い人は、水分をうまく排泄できない時に余分な水分が上に昇り、頭で脳がむくんだ状態になります。この特にどよんとして、頭が重だるく感じたりします。

     

    さらにむくみがひどくなった方は、めまい、ふらつきや、メニエール病になったりもします。

     

    暑くなりますが、胃腸が弱い人や、胃腸がすぐ冷えやすい人は過度に冷たい物を食べたり、飲んだりしないように心がけて下さい。暑い夏でも熱いお茶や温かい飲み物などを摂るように心がけましょう。

     

    症状が出た方は早めにご相談下さい!すぐに楽になりますよ!

  • 2017.07.01

    鏡薬品波動漢方研究所の新ホームページ開設!

    鏡薬品のホームページが6月29日から新しくなりました。

     

    鏡薬品の時代、13年前に初めてホームページをつくりました。そのおかげで全国の皆様から多くのご相談を受けるようになり、特にめまい・ふらつき・メニエール症のご相談が多く、たくさんのお客様に喜んで頂けるようになりました。

     

    5年前より現在の地で鏡薬品波動漢方研究所となりリニューアルしたホームページとしました。そして耳鳴り・難聴・皮膚病・糖尿病のご相談が多くなりました。

     

    今回は気合を入れて全面リニューアルして、多くの方々に見て頂き、分かりやすいホームページとしました。

     

    これからまたブログなどを続けて書いていきますので、どうぞよろしくお願い致します!

個人情報保護 リンク集

Copyright©2016 鏡薬品 All right reserved.