難病でお悩みの方を漢方で治すため、鏡薬品では様々な研究を重ね、徹底した原因追及を行い、治る道筋をたてます。

サイトマップ
鏡薬品
病名不明・長く続く不調根本の原因は別の場所にあります

漢方薬を難病の患者様それぞれの身体に必要な分だけお出しし、より効果的に、負担のない治療を行っています。

鏡薬品 波動漢方研究所
  • ~五月病に「能活精」~

    東洋医学は季節によって頑張る臓腑とその仲間が決まっています。
    春は肝、夏は心、秋は肺、冬は腎です。
    そしてそれぞれ「心の動き」にも対応しています。
     
    それらは「枕草子」の「春のあけぼの」風に表現すると、春はイライラ(怒)、夏はルンルン(喜)、秋はメソメソ(憂)、冬はビクビク(恐)になります。
     
    近年、健康を求めるあまり、感情をプレス思考、マイナス思考に二分して、極端にマイナス思考を嫌う傾向があります。しかしルンルンになれない時には、なれない理由があるはずです。
     
    春はイライラの季節ですが、同時に「肝」が頑張る季節なので、新年度の変化に振り回され、エネルギー不足になって気血が滞ればイライラが募り、5月に立夏を迎えてもルンルンになるどころではなくなります。
     
    そのような時は、羚羊角の「イライラ・リセット」から始めましょう。羚羊角は平肝熄風薬です。
    肝の働きを助けてイライラを治めるという意味です。

個人情報保護 リンク集

Copyright©2016 鏡薬品 All right reserved.