難病でお悩みの方を漢方で治すため、鏡薬品では様々な研究を重ね、徹底した原因追及を行い、治る道筋をたてます。

サイトマップ
鏡薬品
病名不明・長く続く不調根本の原因は別の場所にあります

漢方薬を難病の患者様それぞれの身体に必要な分だけお出しし、より効果的に、負担のない治療を行っています。

鏡薬品 波動漢方研究所
  • 2018.07.07

    暑がりの方へ「亀鹿霊仙廣」

    地球温暖化の影響で年々平均気温が上昇しています。それに合わせた冷房対策が必要なのはわかります。
     
    しかし!「ちょっと冷やし過ぎじゃないの?」と思う事があります。
    そのような時はきっと、冷房の設定温度の支配権を握っている「冷房奉行」様が、たまたま暑がりの方なのでしょう。
     
    暑さに対する感受性は人それぞれです。おそらく暑がりの方にしてみれば、冷房病に合わせた設定温度では暑くて耐えられないのだと思います。
     
    しかしあまりに暑さに対する許容範囲が狭すぎる場合、それも腎虚です。
     
    身体を温める働きが腎ならば、熱を外へ出して身体を適温に保つ働きも腎です。
     
    腎の働きは加齢とともに低下していきます。高齢になるにつれ、冷えによる頻尿など寒がりの症状だけではなく、口渇、歯周病など熱のこもりによる症状を見られることが多くなります。
     
    腎にはエネルギーのアクセルとブレーキがあり、それは水道のホットとコールドの調整と同じ事です。亀の甲板は、寒熱のバランスが熱に傾いている方に利用されています。
     
    暑がりの方へ「亀鹿霊仙廣」

個人情報保護 リンク集

Copyright©2016 鏡薬品 All right reserved.