難病でお悩みの方を漢方で治すため、鏡薬品では様々な研究を重ね、徹底した原因追及を行い、治る道筋をたてます。

サイトマップ
鏡薬品
病名不明・長く続く不調根本の原因は別の場所にあります

漢方薬を難病の患者様それぞれの身体に必要な分だけお出しし、より効果的に、負担のない治療を行っています。

鏡薬品 波動漢方研究所
  • 体質について、めまい・高血圧

    波動カウンセリングを受けられたお客様からのご紹介で、来店された方です。

     
    最初は何も言わなかったのですが、波動チェックをするうちに、かなりエネルギー状態が悪い事が見てうかがえました。

     
    本人も黒いマークがたくさんでるので、少々不安ぎみです。東洋医学的な見地からも胃腸や肝臓、脳全体が良くなかったのでめまいや、血圧が高くなる事はありませんか、とお聞きしました。

     
    すると、メニエールも時々、睡眠不足や疲れた時に起こすし、血圧は薬をのんでいると言われました。湿疹も出るそうです。

    全体的に見て胃腸が弱くないですか?とお聞きすると、その通りですと答えられました。

     

    胃腸が弱り、余分な水分ができ、血圧も高いので上に昇り、頭の中でむくんだ状態がめまいですよとお話しました。
    胃腸が弱って消化能力が落ちている時に湿疹も出ます。

     

    この方の状態は漢方的にいえば「脾虚湿困」といって、脾(胃腸)が虚(弱って)余分な水分をうまく代謝できない状態です。そして余分な水分が頭にたまってめまいを起こしているようです。

     

    余分な水分がうまくはけきれなくて胃腸にもたまって、胃腸の働きも落としています。つまり「脾虚湿困」とは胃腸が弱い事によって引き起こされた湿(湿気や余分な水分)が原因となり困った症状を引き起こしているというものです。

     

    ですから、胃腸を丈夫にして、余分な水分がたまらないようにしてあげれば、めまいも湿疹もでないと思います。

     

    この方には「療方健脾」という胃腸の水分代謝をよくしながら胃腸を丈夫に立て直すものと、半夏白朮天麻湯という漢方薬を服用して頂いて、めまいも湿疹も高血圧も治られました。

     
    膵臓や十二指腸、小腸大腸の一部もかなりバテぎみのようでした。それでもうまいから脂っこいものは食べると言ってありましたので、食事の話をして、粗製糖とよい醤油を買っていかれました。

個人情報保護 リンク集

Copyright©2016 鏡薬品 All right reserved.